小林秀司の仕事日記

2017年8月29日 (火)

[小林秀司の仕事日記] HEADS さらに素晴らしい会社に

★HEADS さらに素晴らしい会社に

2010年にご縁があり、記念すべき弊社の人本経営実践指導企業第1号の大阪・ヘッズさん。

新社屋ができました!
雑貨店やフラワーショップの模擬店スペース、社員のためのリラクゼーションルーム、広々としたトイレ、開放的な屋上ビヤガーデンなどなど、もはやその空間は会社という概念を超えました。
パワースポットそのものの存在に昇華している感じました。

社員さんたちは一段とモチベーションが高くなり、表情がさらに自信と誇りに満ちていました。本当に素晴らしい会社になってきました。うれしい限りです。

https://www.facebook.com/hideshi.kobayashi/posts/1535557073175929?pnref=story

※視察された方の感想です
https://www.facebook.com/mukai.yuko.7/posts/1215388581898660?pnref=story

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[小林秀司の仕事日記] 人本経営実践講座 折り返し

★人本経営実践講座 折り返し

先週水曜日は東京の4期、土曜日は大阪3期の講義を行いました。
今年度の人本経営実践講座も前半が終わりました。

開講した5か月前には考えられないくらい、ああしたい、こうしたいと参加者からの決意が飛び出しています。
いや実際、いい会社になってきていると感じます。
各社でミラクルがさらに起きてくるでしょう。

今後、報告を聴くことが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

[小林秀司の仕事日記] 2017年度人本経営実践講座開講しました

東京では19日に第4期が、大阪では22日に第3期が開講の運びとなりました。

人を幸せにする経営の重要性に気づき、実践していこうとする同志の皆さんへの講義は、本当にやりがいがありますし、熱が入ります。

今回、初の沖縄からの参加企業も現れ、俄然活気を帯びています。

これから10ヶ月間、参加企業の皆さんには、メイクハッピーのドラマが数多く待ち受けていることでしょう。

前へ前へ進んでいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

[小林秀司の仕事日記] リクルートCSカレッジで講演

★リクルートCSカレッジで講演

28日、リクルートCSカレッジで講演をしました。
4回目となりました。最多出演だそうです。

今回はワタミの挑戦ということで、今、ワタミの経営改革に渾身の尽力をされているキーマンとのコラボレーション。

そして、スペシャル企画として人本経営実践講座1期生のエース、ライト・ライズの寺本社長にサプライズ登場してもらいました。

同じ飲食系のマネジャーの方々の参加が多かったのですが、ごんすけで展開している人本経営の素晴らしさに衝撃を受けた方は少なくなかったことでしょう。

また、ワタミが本気で人本経営にチャレンジしようとしていることに心うたれました。きっとファンになった方もいたはず。

にしても自分(小林)の影響を受けたとワタミのキーマンが口にしてくれて、少し誇らしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

[小林秀司の仕事日記] 第7回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」表彰式参加

★第7回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」表彰式参加

21日、東京の法政大学さったホールで第7回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」の表彰式が開催されました。

http://goo.gl/HL9LRY

式には600名以上の方が出席されていました。

GCC(グッドカンパニークラブ)のメンバーから愛と感動のビルメンテナンス、大阪のベルが審査員特別賞を受賞。
会場で奥社長と最高の握手をさせていただきました。本当によかったです。
後に続いていく企業を仲間から今後も輩出していければと改めて思いました。

当日は内閣総理大臣夫人、安倍昭恵氏が『私を生きる』との演題で特別記念講演をされました。1時間の講演でこの方の人柄はよく伝わってきました。誠実に生きていることは間違いないと感じました。

いたずらに政局絡みで真相を伝えず大騒ぎを続けるマスコミは本当にどうしようもないと今回の騒動で痛烈に感じました。マスメディアの信用失墜、これもまた新しい時代のひとつの現象なのかと感じています。これまでの主流体制に限界がきているは確かです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

[小林秀司の仕事日記] 長野で人本経営による働き方改革指導始まる

★長野で人本経営による働き方改革指導始まる

先週15日に長野に行きました。
地元で130年を超える長寿企業で、現在5代目の社長が経営する木材加工を営んでいる会社に行くためです。

社長は次代、幸せ軸の会社づくりが必須になっていると確信され、熱心に人本経営を学んでおられます。その思いを社員に伝えていくことをサポートしてほしいということになり、全社員の皆さんに集まっていただき研修を行いました。

今、会社が目指そうとしている人本経営とは何かをお伝えし、誰にとっても働きがいのもてる職場をつくるために、一人ひとりがどのようなことを大切にしていけばいいのかということについて、たくさん気づきを得ていただけるよう働きかけを行いました。

すでに社長自身がこれまでにも社員さんと対話してきたこともあり、改めて幸せな働き方を考える時間を取れたことはとてもよかったと参加者から前向きなスピーチが多く寄せられました。

とてもいいスタートアップとなりました。

研修の後は懇親会を催しましたが、その時間も就業時間中に行うという配慮がされていました。長時間労働を前提とせずに企業経営を継続していく、という経営者の本気の姿勢がこういうところに現れて、それを体感した社員の皆さんは会社への信頼感を高めていくのです。

参加者の満足度調査を実施しています。
結果が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

[小林秀司の仕事日記]第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の受賞企業が決定

★第7回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞の受賞企業が決定

https://goo.gl/RbwPhK

経済産業大臣賞は、ウォシュレットのTOTOに。

弊社がヘッズさんと共同発起したGCC(グッドカンパニークラブ)から、大阪のビルメンテナンス業・株式会社ベルが見事に栄冠に輝きました。

おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

[小林秀司の仕事日記]「人本経営まつり2017」 東京大成功

★「人本経営まつり2017」 東京大成功

1月10日、神田にて「人本経営まつり2017」(東京)を開催しました。
今年は弊社20周年記念イベントを兼ねての実施となりました。
新年早々のイベントにもかかわらず、たくさんの方に足を運んでいただき感謝感激でした。
おかげさまで素晴らしい一日となりました。

心の底まで響く師匠・坂本光司教授の強烈無比なご講話をいただき、参加者一同襟を正させていただきました。

続く人本経営実践講座第1期生の寺本幸司さん率いるライト・ライズ、チームごん助の皆さんによる、これ以上ない絆感のパフォーマンスに聴衆は圧倒され度肝を抜かれました。

さらに同じく第1期生、ぜんち共済の榎本社長、第2期生パパラギの松本社長、第3期生ニイガタの渡辺社長による本音座談会は、成長痛を感じながらも理想の人本経営を目指す皆さんの姿勢に、会場は共感の嵐が吹き荒れておりました。

本当にお世話になりました。心より御礼申し上げます。

人本経営を実践している皆さんの会社では、確実に働き方改革が前進しているということが改めて確認できました。

いい仕事をしていますね、とご参加いただいた方からお声掛けいただきました。
心からそう思います。

社会保険労務士という職業は変えていませんが、9年前に「何のためにこの仕事をしているのか」という問いかけで本質にたどり着いてから、すべてが変わりました。

素晴らしい出会いのご縁、次から次へと生まれくる新しい仕事、成長する仲間、そして、充実感を増す人生。

これからさらに社会に幸せの連鎖を加速させていくことを誓います。
幸せの海へたどり着くまで、前へ前へ進んでいきます。

さあ、来月17日は大阪人本経営まつりです。
ぜひ会場へ足をお運びください。

【人本経営まつり2017 大阪会場】

※詳細・お申し込みは下記特設サイトをご覧ください

 http://www.keieijinji.com/event/jinponmatsuri2017.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

[小林秀司の仕事日記] パラリンピックを観ていて

★パラリンピックを観ていて

障がい者雇用について、これは重要な経営人事課題だし、社労士として大事なテーマだと気づいたのが6年前でした。

色々な現場に出向き、色々考えさせられ、修士論文も書き上げました。
3年間雇用した精神障がい者の社員は、大企業へキャリアアップしていきました。

今回、はじめてじっくりとパラリンピックを観ていて、おやっと気づきました。
活躍しているのは車イス、義足、全盲・・・控えめに知的障がい者が登場する感じです。
とても立派です。敬服させらています。
でも違和感が・・・。

あれっ、もっと知的障がい者は?そして精神障がい者は?

調べていくうち、パラは主に身体障がい者を対象にした大会だと知りました。
まだまだインクルージョンは世界的にもこの程度なんですね。
結構面白いと思うんですよね。
ルービックキューブ世界一決定戦の精神障がい者スポーツとか、パソコン解体耐久レース知的障がい者種目とか、新しい種目と人材が人類の可能性を広げる気がするのです。

この辺りを東京で進歩できるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[小林秀司の仕事日記] スワニーさん視察

★スワニーさん視察

13日は高度な5S活動をされている四国・東かがわのスワニーさんに学びにいきました。

5Sは何のためか。
自分自身をよりよくしていくため、そして、それが周りの幸せと一致していくことを実現させていくため。

伊那食品工業の塚越寛会長が、全社員が朝、自発的になぜ掃除をしているのかについて説明された「忘己利他」と全く同じでした。

社員たちは掃除をすると自分の精神状態がよくなるので自分のためにやってくる。
そうして掃除をして綺麗な空間をつくっていくと、他の社員や地域に取ってもいいことになる。
自分にいいことが他者にとってもいいこと。
この状態が維持できることが大切である。
5Sはそのための有力な手段。

猛烈に納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧