« 第635号『三菱に次いでスズキ?なぜ企業不祥事が止まないか』 | トップページ | 第637号『幸福追求型幸せ軸経営の奥義』 »

2016年5月30日 (月)

第636号『ザ・人本経営 アドバンティク・レヒュース ― 「人を大切にする経営」実践企業の研究43』

その会社は群馬県前橋市に存在します。当通信でこれまで指摘してきた人本経営のあり方をほぼ完璧に近い形で実現している会社でした。社名は株式会社アドバンティク・レヒュース。堀切勇真社長は弱冠34歳という若さです。まず、同社がどのような経営状況になっているか、事実を羅列していきます。

  • 創業32年目の会社。現在、社員数58名、年商は19億3千万円。
  • 全員が正社員である。
  • 創業以来解雇したことがない。
  • 社員1人あたりの平均給与額は823万2千円となっている。労働分配率は実に75%に達している。
  • 賞与は年3回支給。別に月次賞与や年末手当がある。
  • 毎年昇給する末広がりの状態を実現している。
  • 65歳を超えても、働きたいだけ働くことが出来、本人が引退の時期を決める。
  • 年間休日は115日。
  • 有給休暇を2ヶ月に1度、リフレッシュするために取得することを推奨している。
    消滅時効にかかり未消化になった有給休暇分は会社が買い取っている。
  • ノルマなし。
  • 仕事の都合より家庭の事情を優先させることが当たり前の風土である。
  • 個人ごとにカスタマイズした教育プログラムがあり、先輩が後輩を育てることが習わしである。
  • 社員たちの判断基準は、良心に従っているかどうかである。
  • 取引先とともに幸福を増大させていくことを使命としている。
  • 売上高経常利益率は、毎年10%以上をキープ、自己資本比率は最高で88.3%に達した。
  • 採用に困ったことがなく、定着率抜群なので人手不足になる心配がない。
  • 社員持ち株制度を実施しており、現在の社員の持株比率は約4割となっている。

まだまだありますが、このくらいにしておきましょう。とにかく人本経営のあり方のオンパレードなのです。堀切社長は課題として、障がい者雇用、そして残業の削減を挙げられていました。それが実現すると人本経営の完成度100パーセントという状態とみなすことが出来る圧巻レベルの経営をしています。

■収益が先か幸福が先か、その議論は不毛

何をしている会社かというと、分類では産業廃棄物処理業となります。この業界、石坂産業や協同回収など人本経営成功企業を輩出している事例は少なくありませんが、またもや素晴らしい会社を認識できました。32年前に創業されたご尊父である先代の経営もまた人本経営を骨格にしてこられたそうで、それが現社長に引き継がれ、ますます深化してきているという状況です。

「産廃業ではなく、環境コンサル業を営んでいる」と社長以下、社員たちの思いは一致しており、サービス業であるという認識で仕事をしているということでした。事業は収集運搬に特化して、処分場をもっていないということでした。業界ではおそらく非常識なのでしょうが、それゆえに収集に行った先の近くの最適な処分場や工場に繋ぐことで顧客からの高い評価を得て、そのノウハウが収益の源泉となっているそうです。ですから100あるというパートナー企業と共存共栄していくことが生命線ということでした。

堀切社長は、いつも会社は何のために存在するのか自問自答をしているそうです。正解というのはないのだろうけれども、ご自身は、「社員、そしてその家族が幸せになるためにある」、これしかないと思っていると熱く語られていました。自社や自分に満足し、幸せを実感しているからこそよい仕事が出来て、世の中に貢献の輪が広がり、幸福の総和が拡散していくと揺るぎなく核心を述べられていました。

幸福追求最優先で経営するからこそ高収益になるのであって、どっちが先かの議論は不毛だと一蹴されていました。

人本の世が訪れています。もう疑う余地のなくなる同社のベンチマークでした。心より感謝です。


          いい会社に関する最新情報を好評発信中!!
                    http://www.keieijinji.com/(経営人事ドットコム)

|

« 第635号『三菱に次いでスズキ?なぜ企業不祥事が止まないか』 | トップページ | 第637号『幸福追求型幸せ軸経営の奥義』 »

新SVC通信」カテゴリの記事

コメント

騙されないで

投稿: | 2018年4月22日 (日) 03時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第636号『ザ・人本経営 アドバンティク・レヒュース ― 「人を大切にする経営」実践企業の研究43』:

« 第635号『三菱に次いでスズキ?なぜ企業不祥事が止まないか』 | トップページ | 第637号『幸福追求型幸せ軸経営の奥義』 »